純正と互換インクの違い

自宅のプリンターで年賀状などさまざまなものを印刷する場合、どうしても気になるのがインクの買い替えです。プリンターにセットするのは基本的にはメーカー純正の物を使うことが推奨されています。しかし、その純正のものは価格が高く、大量に印刷するとなるとそのコストに頭を悩ませる事になります。しかし世の中には互換インクなるものも出回っています。これはメーカーが製造しているものではないが、カートリッジの形状などが純正品とほぼ同じで、プリンターにセットして使えるようになっているもののことを言います。純正品と互換品の決定的な違いは、その価格と保証があるかどうかという点です。純正品は価格は高いですが、インクが原因でプリンターが故障した場合の補償があります。一方互換品は価格は手頃ですが、それが原因で故障しても自己責任となります。

プリンターには互換インクがお勧めです

プリンターの使用に必要不可欠なのが、消耗品であるインクです。でも、純正品は値段が高いので、せっかく安くプリンタ―が買えても、トータルで見たら結構コストがかかっています。そこで、印刷物を作るのに経費を削減しようとするためには、どうしたらよいでしょうか。答えは、互換インクを購入することです。それもネット通販でネットショップから購入すれば純正品に迫る、高品質のものが買えます。しかも値段も遥かに安く買えます。安いから低画質ということもありません。チラシやパンフレット、年賀状など一般的な用途であれば、ほぼ、問題なくきれいに印刷できます。もちろん、欠点がないわけでもありません。例えば、デジカメで撮影した画像などを印刷する場合は、そのままでは写真のように綺麗には映りません。機種にもよりますが、プリンターの設定を「ふつう」から「きれい」に設定しなおしてから印刷してください。写真に迫るくらい綺麗に写ります。

純正品と互換性のある非純正品のインクの比較

インクジェットプリンターの場合には、至極当たり前の事ながら、インクが必需品な訳ですけれども、家電量販店の店頭に陳列してある商品を見てみますと、プリンターの製造メーカーが販売している純正品と、プリンターの製造メーカー以外が販売している、互換性がある非純正品とがあり、純正品に比べて非純正品の方が、割安な値段となっています。では、純正品と非純正品の、値段の差が発生する理由は何故かと言いますと、プリンターの製造メーカーとしては、プリンターそのものを安く販売する代わりに、消耗品であるインクから利益を得るという仕組みだからであり、互換性の場合にはプリンターのコストは関係ありませんので、純正品よりも安い価格設定で販売出来るという訳です。品質に関しては、大きな隔たりがあるとは感じませんが、保証やカートリッジ不具合なども踏まえ、比較検討すると良いでしょう。