互換タイプのインクには保障が付いているかどうか

印刷物を作る際に使用するプリンターですが、消耗品であるインクに関しては人によって純正タイプのみ使用している人もいれば、互換タイプを愛用している人もいます。とくに純正タイプはメーカー保障や品質などは優れていますが価格が割高なため、半額程度で購入できる互換タイプを利用する人は増えてきています。この互換タイプには保障が付いているか気になる人もいますが、保障に関しては販売しているお店によって対応が異なるため購入前にしっかり確認しておくことが大切です。互換タイプは商品自体のトラブルに関しては、交換や返品などを行ってくれます。ただし互換タイプのインクを使用したことによるプリンター故障にかんしては、互換タイプを製造している業者によって保障する場合とそうでない場合があるので注意が必要です。また互換タイプはプリンターメーカーの保障はついていないという点も忘れないようにすることが重要です。

プリンターと互換タイプのインクの相性について

プリンターでインク交換の際に、相性があるということを聞いたことがある人も多いです。相性があるかないかですが、それは互換タイプのものに限ったことになります。プリンターメーカーが専用で製造している純正タイプについては、プリンターに合わせて専用で製造しているため、相性があわないということはないと考えてよいです。ただし互換タイプに関してはメーカーとは違った業者が製造しています。販売当初のスロットの型に合わせて製造はしていますが、プリンターの種類は豊富で型を把握しきれないといった場合もあり、互換タイプの場合はプリンターと合わずに相性が悪いことも出てきます。その場合はすぐに使用を中止することが重要です。無理に使用しつづけるとプリンターの故障につながるので注意です。使用できないことが分かった場合は、販売店などにすぐにもっていけば交換や返品などが可能なことが多いです。

違うメーカーの互換タイプインクの併用は避ける

プリンターを使用している場合は、インクを併用するということは多くあります。純正タイプを使用しながら互換タイプを使用するといった感じです。カラーには黒とマゼンタにシアンにイエローがあります。その中の一部だけが純正タイプで一部は互換タイプといった使い方をしても、印刷自体は全く問題はありません。その理由として、互換タイプを製造しているメーカーがかならず純正タイプとの併用をした際のテストを行っているからです。色が混ざりあうことで化学反応を起こし色が変色することなどを避けるためにテストは行われます。ただしこのテストはあくまでも純正タイプとのテストであって、他のメーカーが製造した互換タイプとでは行っています。そのためプリンターのカートリッジの中で、違うメーカー同士の互換タイプの併用は印刷時になんらかのトラブルの原因になるので避けることが大切です。